FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jinkencenternagano.blog33.fc2.com/tb.php/18-8c539d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

入川さんを囲んで

俳優・入川保則さんを囲んで「その時は笑ってさようなら」が7月15日開催。
予想以上に多くの人が参加してくれました。
120人をこえていました。
余命宣告8月までということで、急きょ開催。
長野県に縁が深く、映画「浅間の見える村で」と「信濃天露伝記」のダイジェストや、作曲家中村泰治さんとの
対談映像と中村さんが入川さんのために作詞作曲した「脇役」のレコーディング映像などを流しながわ、入川さんから話がされました。
それにしても入川さん、冗談交えながらの話。私には(まだ、これからっも)理解できないだろう
余命数ヶ月という入川さんだからの言葉と姿。
参加した皆さんもいろいろな考え方があると思いますが、これが彼の「死」の考え方と今の姿。
そこに答えを見いだす必要があるのかと思いながらの時間でした。
入川さんの本「その時は笑ってさようなら」と、唄「脇役」の中での次の言葉、なんとも心に…

 自分もこれでなかなか、命の年輪を刻んできたようじゃないか。このとき感じる激しい感動、深い哀愁、輝く孤独感は、老境にのみ許された心の繊細な働きによるものでしょう。 
                           (「その時は、笑ってさようなら」あとがきより)
 見得を切る様な花舞台 下手の小さな芝居にも 俺の魂 添えて来た
        (曲名「脇役」 入川保則 作詞作曲 中村泰士)
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jinkencenternagano.blog33.fc2.com/tb.php/18-8c539d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。